Blog

新宿末廣亭3月下席のネタ帳・雑感

2016年3月下席(21〜30日)に松之丞が新宿末廣亭で口演しました演目(ネタ)一覧です。


<初日>浪速侠客伝より「違袖の音吉」

<二日目>三家三勇士より「和田平助」

<三日目>寛政力士伝より「谷風の情け相撲」

<四日目>寛政力士伝より「雷電の初土俵」

<五日目>休演

<六日目>寛永宮本武蔵伝より「山田真龍軒」

<七日目>休演

<八日目>寛政力士伝より「谷風の情け相撲」

<九日目>男伊達昔風俗〜幡随院長兵衛より「芝居の喧嘩」

<楽日>天保水滸伝より「鹿島の棒祭り」

つくづく寄席に、10日間入れて頂いていくのは光栄で、たまらなかったです。
夢花師匠の芝居、お客様も多くてノリも凄い良かったです。
末廣亭の夜。あんなにお客様、お越し頂けるのかという日が土日は言うまでもなく、平日でもよくありました。

番組も。若手中心の寄席でありながらも、仲入りが小柳枝師匠というのも最高に素敵で。
遊雀師匠も歌春師匠も、コント青年団先生も。本当に勉強になりました。

特に、コント青年団先生の爆笑高座後の、遊雀師匠が「十徳」で寄席をひっくり返す時に、ここは戦場であり、超絶ガチンコの舞台なんだと、また寄席が好きになりました。

あー、10日間、終わっちゃった。
ひたすら、楽しかったのでした。
d( ̄  ̄)